02.png

企業情報

09.jpeg
17.png

代表挨拶

16.jpg

株式会社中山薬品商会は、食品添加物や化学工業薬品、医薬品の販売をはじめとする幅広い分野で、その基本をしっかりと見つめながら、日常を取り巻く多くの問題解決に取り組んでまいりました。

函館の産業である食品加工業と観光業に着目し、おいしい食品づくりの大前提である衛生的な加工場づくり、思い出に残る旅のための快適な空間づくりのご提案をしております。

その根底にあるのは、「人々の快適な暮らしの基本は、健康的な生活環境にある」という信念。

食品添加物や薬品をとおして安全で清潔な環境を整備し、さらに販売した商品が正しく機能しているか確認するために、食品微生物検査まで責任を持って行っております。

さまざまな情報が氾濫するなかにあって”本当に確かなもの”、そして”よりお客様のニーズに適したもの”が求められる時代がやってきました。
世の中の変化に対応し、常に社会に貢献する企業であり続けるため、日々努力を重ねなお一層の成長を目指してまいります。

愛するわが街、函館とともに。

代表取締役 中山一郎

■代表取締役 中山 一郎 プロフィール

東京薬科大学薬学部卒業、薬剤師資格取得。東京都内の商社に就職し化学薬品担当となる。
1997年、父親が代表を務める中山薬品商会に入社。
1998年から2007年まで函館青年会議所に在籍し、今や函館の冬を代表するイベントに育った「第1回クリスマスファンタジー」から運営に参加する。第8回、第9回副実行委員長。
2000年には、函館青年会議所50周年記念式典にて司会を担当、2005年から2008年まで日本海峡フォーラム実行委員として、当時の函館市長と共に毎年海峡4都市(北九州、下関、青森、函館)でフォーラムを開催。
2005年に函館青年会議所理事長となり、函館青年会議所創立55周年記念『夜回り先生講演会』、地域活性化フォーラム『新函館市観光の現状と今後の展望を考える』を開催。
2006年日本青年会議所北海道地区協議会副会長道南エリア会長、2007年日本青年会議所日本経済探究委員会委員長として経済フォーラム『日本の商道徳の再興』開催。
2009年には『北のお魚大使』、『北のチーズ大使』の資格を取得し、地元食材の魅力を発信。
2010年公認スポーツファーマシスト取得、2011年はこだて水産海洋コーディネーター取得。
2012年には函館学校薬剤師会会長に就任し、函館学校薬剤師会50周年記念式典を開催。北海道教育大学附属函館中学校PTA会長就任、函館学校保健委員会副委員長就任。地元・函館、そして北海道の魅力を広めるべく奔走する毎日を送る。

代表ブログ:ishokudogen-hakodateのブログ

■我が社の企業使命感

一、創業者精神
私達は 創業者精神を呼び起し よき伝統を受けつぎ 積極果敢に高い目標にチャレンジし 更に大きく未来に向かって 翔こう

二、自己研鑽
私達は 自己研鑽に励み 広く知識を養い エゴを捨て 清潔で 円満な人格の形成を目指し いつもお客様に 感謝の気持を忘れない人になるよう努力しよう

三、組織人
私達の 会社は 集団であり 其の組織は 常に活力に満ち溢れていなければならない。組織の中に於て 一人の人間の力は弱いものである 組織の活性化を図るためには 組織人として自己理解 他者理解 自分の長所と短所を良く知る事をし 対人間関係を養い コミュニケーションを図り チームプレーに徹し 目標に向って 総意を結集しよう

四、社会奉仕
私達は 経済の 低成長の実情を認識し 消費者ニーズに合った付加価値の高い物を販売し 社会に奉仕しよう

五、健康
私達は 常に健康な体力維持に 細心の注意を払い 強力な精神で 企業と家庭を守ろう

02.png

食べること、幸せに生きること
~中山薬品商会が考える薬と食、人との関係〜
  
<代表取締役 中山 一郎>

中山薬品商会は、薬品の卸と食品加工を行う会社です。薬品と食品という、”身体にとりいれるもの”を扱いながら、思い至ったことがありました。薬品卸業から始まった会社が、どうして食品加工に取り組むようになったのか。私の思いを、ちょっとだけ聞いていただけますか?

●幸せな人生をおくるために~人と薬の関係

医療技術の進歩や化学の進歩に伴い、日本は大変な長寿国となりました。しかし人間の身体が持つ免疫能力は想像を遥かに超えるものがあり、よほどの大病や外傷でない限り、薬の力に頼ることは決して良いとは言えません。細胞に影響を与える薬の効果は、良い作用もあれば、副作用も必ずと言って良いほどついてまわります。健康に生きてこそ長寿は幸せになりますが、薬に頼りながら生きながらえることは果たして幸せと言えるのでしょうか。健康で長生きするためには、毎日の食生活をバランス良くとり、適度な運動によって体幹を支える筋力を保ち、夢や目標を失わず、心身ともに健康であることが肝要です。つまり健康とは、医療や薬に頼ることなく、我々一人ひとりが自己管理していくことで確実に得られるものなのです。

●化学の知識が持つ可能性~「医食同源」の思想を食文化に

薬に対する知識と食に対する知識を、仕事柄、みなさまより”ちょっとだけ”豊富に持っている関係上、どうやってみなさまにアドバイスしていけるかを考えました。食品加工には、味を整える調味料と衛生的に製品を保つための除菌・保存といった両方の知識が必要です。まさに食品加工は、化学そのもの。薬の作用のために学んだ化学の知識を、伝統や継承によって食文化を支える職人さんたちに、的確なアドバイスとして生かすことができるのではないかと思うようになりました。こんなに化学が発達した現代でも、舌や勘にたよって作られる食品の世界があります。おいしいものを、安心安全に食していただくためのお手伝いをすることが、私の使命だと考えるようになりました。

●函館・北海道の海は資源の宝庫~食がもたらす幸福感

おいしい食事をするためには、素材本来がもつおいしさを味わうことが一番大切ではありますが、元来『さ・し・す・せ・そ』で表される基本の味付けでおいしさを引き出すお手伝いも不可欠です。特に酢・醤油・味噌などの発酵食品は、底知れぬ味の奥深さを演出することが可能です。さらに天然素材から得られる風味や香辛料も、人生を豊かにしてくれます。味のハーモニーを演出し、北海道特有の素材と組み合わせを提案していくことも、私の使命だと考えています。函館は三方を海に囲まれた海洋資源の宝庫であり、北海道は海のもの山のものを豊富に持つ日本の食料基地です。「この自然素材を安心・安全でおいしい食品に仕立て上げて、国内のみならず世界の人々にお届けしていきたい」、今までの経験を経てこのような考えに至りました。特に、函館の海に眠っている未利用水産資源が持つ可能性は無限大です。陸上の森林と同じように、海中にある海藻の林も、ある程度消費しながら適度に太陽の光やミネラルが行き渡らせたほうが豊かに生育します。この海藻の豊かなミネラルと、人間の身体に元気をくれるさまざまな栄養分を、いかにおいしい食品に加工していくか。これもまた、中山薬品商会の大きな担いだと考えています。

「おいしい」は、健康な暮らしの合い言葉。

中山薬品商会は、これからも新たな味を創造してまいります。

中山薬品が考える医食同源とは

沿革

昭和16年6月
中山計雄が函館市大手町9番18号に於いて医薬品、工業薬品、防疫用薬剤の卸・小売業 中山薬品商会を独立開業

昭和49年3月

代表者中山計雄の死亡に伴い、中山みつが事業を継承

6月

函館市大手町8番19号に、倉庫、車庫建設 総床面積 302.9㎡
昭和63年10月
冷蔵庫設備を新設
平成元年2月
株式会社 中山薬品商会 設立 資本金200万円
平成2年8月
中山浩一 代表取締役代表に就任
冷凍冷蔵庫を新設
平成3年5月
300万円増資  資本金500万円
6月
創業50周年記念行事 函館国際ホテルに於いて催す
平成5年7月
50万円増資  資本金550万円
平成7年5月
450万円増資  資本金1,000万円
平成9年12月
500万円増資  資本金1,500万円
平成14年5月
増資 資本金2,000万円
平成15年5月
増資 資本金2,200万円
平成18年3月
函館市万代町20番10号(現社屋)に本社移転
平成22年4月
代表取締役  中山一 郎 就任

​会社概要

社名
株式会社 中山薬品商会

設立年月日

昭和34年7月22日

役員

代表取締役 中山一郎
取締役会長 
中山浩一
取締役営業部長 佐藤良三
取締役総務部長 佐藤歳明
取締役 中山由美子
本社所在地
〒040-0075 北海道函館市万代町20番10号
TEL 0138-40-6275 FAX 0138-40-3939
営業所
釧路営業所
〒084-0903 北海道釧路市昭和町2丁目15番地3
TEL 0154-52-4101 FAX 0154-52-4103
資本金
2,200万円
年商
17億円
事業内容
医薬品 工業薬品 防疫用薬剤 食品添加物 業務用洗剤 セラミック 食品衛生検査
取引銀行
みずほ銀行函館支店 北洋銀行函館支店 商工中金函館支店
主要仕入れ先
株式会社あさの、株式会社旭創業、 甘糟化学産業株式会社、 伊吹正化学株式会社、 今戸食品工業株式会社、 内堀醸造株式会社、 エフシー化学株式会社、 オージー株式会社、 オザックス株式会社、 花王株式会社、 柏木株式会社、 株式会社クレオ、 弘進商事株式会社、 甲陽化学工業株式会社、 国分株式会社、 コスモ食品株式会社、 幸商事株式会社、 三共株式会社、 三慶株式会社、 山陽物産株式会社、 資生堂アメニティグッズ株式会社、 純正化学株式会社、 株式会社尚美堂、 昭和化学株式会社、 有限会社昭和シール印刷、 白石カルシウム株式会社、シーバイエス株式会社、 シンワ株式会社、 杉山軍手株式会社、 ソーダニッカ株式会社、 曽田香料株式会社、 株式会社第一化成、 東昭化学株式会社、 東ソーニッケミ株式会社、 道南食糧工業株式会社、 ドレンシー株式会社、 日本新薬株式会社、 日藤株式会社、 ビューラックジャパン株式会社、 福山醸造株式会社、 ベル食品株式会社、 丸善薬品産業株式会社、 三井物産プラスチックトレード、 三菱ガス化学株式会社、 三菱商事ライフサイエンス株式会社、山一化学工業株式会社、 横浜油脂工業株式会社、 ライオン株式会社、 ロケットジャパン株式会社
〈五十音順〉

About us

Company name
Nakayama Pharmaceutical Co,.Ltd

Establishment

July 22.1959

Officers

CEO Ichiro Nkayama
Director Koichi Nakayama
Director Kimiko Nakayama
Director Ryozo Sato
Director Toshiaki Sato
Location of Head office
20-10 Bandai-cho Hakodate-shi, Hokkaido Japan
Phone +81-138-40-6275
Sales Office
20-10 Bandai-cho Hakodate-shi, Hokkaido Japan
Phone +81-138-40-6275
Sales Office
Kushiro Sales Office
2-15-3 Showa-cho Kushiro-shi Hokkaido Japan
Phone +81-154- 52-4101
Capital Money
22,000,000JPY
Business
Pharmaceutical products
Industrial chemicals
Food Additives
Various Detergents
Food Hygiene Inspection
02.png